業務案内

  • HOME
  • 介護施設の設立に伴う労務手続き・給与計算・助成金アウトソーシング
  • 事務所案内
  • サービス相談内容
  • よくある質問
  • アクセス
  • お問い合わせ
HOME > サービス相談内容

弊社へ依頼するメリット

1. スタッフは全員、業界の事情に精通した実績豊富なスペシャリスト
 経営の安定と従業員満足が良好な関係でバランスを保ち続けることは非常に難しいことであると言えます。

 私たちスタッフは経営者の方々に対して最良のサービスを提供するために「出来るだけ依頼者の負担を軽減したい」「不必要なコストはかけたくない」「依頼者が最も安全で、永続的な経営をするにはどうするか」などの気概を持って接しています。

 また、気概とあわせて知識と経験が伴わないと、大事なところで判断を誤ってしまいます。当事務所の担当スタッフは「様々な業界の事情をよく理解している」「労務問題や社会保険の知識を十分に得ている」者に限っております。資格のみ保有しただけの、経験や知識の乏しいものが依頼者の担当をする事はありません。
そして、行政書士事務所が併設されている社会保険労務士事務所ですので、より広い案件に対応が可能となります。

2. 専任担当制
 当事務所は、正式にご依頼を受けた時点で御社専用のチームを作ります。
急な用件にもすぐ対応できるよう複数名であること、毎回異なる担当者が対応した場合の不安感を考え依頼者にとって最も便利な体制を考えた結果です。
3. 会社がやるべきすべての手続きをワンストップでサポート
 会社設立から各種介護事業の許認可の取得、採用適性検査、労働保険・社会保険の加入、企業防衛型就業規則の作成、労使トラブルの解決コンサルティング、事業主の労災加入サポートまでの全てをサポートすることができます。
 京阪神エリアで上記のようなワンストップサービスができるのは、当事務所だけです。
4. どの事業規模にも応じられる幅広い対応実績
 会社の事業規模や主力分野によって、人事・労務アウトソーシングに関するご提案内容は変わります。当事務所は、これまでに様々な分野の企業様1,000社以上とやり取りを重ねております。常に最新の動向や業界特性を把握するように努めております。
5. 弁護士・税理士・司法書士など法律の専門家と連携
 当事務所は、社会保険労務士、行政書士だけではなく、弁護士・税理士・司法書士などの法律・税務の専門家とも密接に連携しています。依頼者のご要望・状況に応じて幅広くお応えできるように勤めております。

労働保険・社会保険の諸手続及び労務相談

顧問契約を結んで頂くことで、以下の内容のサービスをご提供いたします。また、その他人事労務・経営全般の各種ご相談にも対応させていただき、貴社の事業を基礎からサポートさせて頂きます。

  • ・介護職員の出産・育児・職場での負傷・療養費請求に伴う諸手続
  • ・入社・退社手続き、労働保険年度更新、算定基礎届の作成及び届出
  • ・労務に関するご相談

その他労働基準監督署、公共職業安定所、年金事務所、健康保険協会などに提出する書類の作成、届出を迅速に作成し、届出までを代行いたします。

各種助成金・給付金の申請

貴社が受給できる可能性のある助成金を診断し、要件に該当する場合には申請可能な助成金のご提案から受給までの各種手続を迅速に対応させていただきます。

就業規則の作成・変更

近年、労使間のトラブルが大変増えています。これは企業経営上、ひとつ間違うと大変な事態を招きかねません。労使間のトラブルでは、潜在リスクを分析し、トラブルが起こる前にトラブルの芽を摘み取ることが大変重要です。当事務所では労使関係の専門家による懇切丁寧なご相談を承っております。是非一度ご連絡くださいますようお願いいたします。

給与計算

毎月定例の給与計算業務は、手間と時間がかかり大変面倒です。当事務所では、給与計算専門スタッフが一括して給与計算を行いますので、貴社には一切手間をおかけいたしません。もちろん専門家であるメリットを生かし、社会保険料の改定や所得税の計算などにも即対応。正確に給与計算に反映いたします。

介護事業発展のために

団塊の世代が65歳を超えてきて、全国民にしめる65歳以上の高齢者はついに4人に1人の割合となりました。つまり3人で1人の高齢者を支える時代に突入したわけです。

現在介護サービスの利用者はおおよそ450万人と言われ、介護保険発足当時と比較したら倍増しています。今後介護サービスを必要とする人は益々増加するのは必至でしょう。

このような状況の中にあって、日本の経済情勢はやっと長期不況から脱し、明るい兆しが見えてきたと言われていますが、既存の企業が新たに進出する業種にはどのようなものが有るでしょうか。飲食ですか?IT企業ですか?たぶんその中にあって介護事業はもっとも注目されている業種の一つでは無いでしょうか。

しかしながら、同じ町内では訪問介護と通所介護(デイサービス)が必ず点在しています。つまり現在では過当競争から淘汰の時代になっています。つまり成長分野ほど競争が厳しいという事です。

このような中にあって介護事業を志したあなたを私は心から尊敬致します。そして競争に打ち勝つ運営を私の経験と知識でもって支援致します。介護保険発足と同時に介護事業を興し、その間必要な資格(社会福祉士・介護福祉士・ケアマネージャ等)まで取得して、運営に携わり苦労に苦労を重ねた私にまずはご相談して下さい。当事務所は単なる「手続屋」では有りません。常に経営者に寄りそってバックアップ致します。生きた介護事業を話せる社会保険労務士及び行政書士は私しかいないと確信しています。

このページのトップへ

ひょうごあんしん介護事業開設サポートセンター 兵庫県西宮市和上町5−9 西宮ビル

Copyright (c) ひょうごあんしん介護事業開設サポートセンター All Rights Reserved.